外壁塗装による効果について

###Site Name###

外壁塗装は、家の外観を美しくする他に、雨漏りなどの被害から家を守る効果があります。
屋根の瓦、壁の素材などは紫外線や天候により劣化します。


そのため、ひび割れや腐食を起こしやすく、外壁のコンクリートやタイル、レンガなどの外観に被害を及ぼします。また、ひび割れた部分に水が浸入すると、壁紙やクロスなどの内装にシミやカビが発生する原因となります。

さらに重大な被害は、家の傾き、倒壊です。
水が内部に到達し、鉄筋コンクリートの柱を腐食することによって家の傾きや倒壊が引き起こされます。

改善には、ウレタン樹脂を使用した塗料やゴム性のシートを利用した外壁塗装が有効です。屋根やバルコニーなど雨漏りや水漏れを起こしやすいところに塗装することにより優れた防水効果を得ることができます。

また、外壁塗装には紫外線による着色層への被害を防ぐ塗料やカビを防ぐ効果がある素材などを使用することができます。

それぞれの家にあった外装塗料をすることで、家の耐久年数を増やすことが可能です。